【ニーチェ先生】本当の友達を作るための、たった1つの方法!

ニーチェ先生友達アイキャッチ画像
  • 友達がぜんぜんできない・・・
  • いつも誰か仲間と一緒にいないと不安になってしまう・・・
  • 本当の友情ってどうしたら生まれるんだろう・・・

こんな悩みをもってる人は多いのではないでしょうか。

こういった悩みを解決することを、「ニーチェ先生」「超訳 ニーチェの言葉(白取春彦編訳)」で教えてくださっていますのでご紹介します。

「ニーチェ先生」は、本当の友達を作るために、今日からたった1つのことを意識するだけで、驚くほど人生が変わっていきますよ!と言われれています。

そのたった1つのこととは、

  • 友人を求める前に自分自身を愛する

ということです。

実際、「ニーチェ先生」自身も、自身の哲学を大切にされ数々の実績を残されています。

  • ドイツの哲学者。1844年にプロイセン王国領ゼクセンに牧師の子として生まれる。
  • 24歳でスイス・バーゼル大学の古典文献学の教授となる。1872年に処女作「悲劇の誕生」を発表。
  • 1879年に大学を辞し、十年に及ぶ漂泊の中で執筆活動を続けるが、1889年に精神が崩壊、1900年にワイマールに没した。
  • ヨーロッパ思想への痛烈な批判など、その鋭く独自の思想により、ハイデッガーをはじめとする二十世紀の哲学思想に大きな影響を与えた。

では、「ニーチェ先生」の教えを具体的に見ていきましょう。

そして後半は、ブチネコ太郎が陰陽太極図(詳しくは「陰陽太極図とは?」参照)を見ながら、なぜ、ニーチェ先生の考えにものすごく感動したかをお伝えしたいと思います。

ブチネコ太郎

それでは、今日も少しでも幸せになるために、元気にいきましょう!

【ニーチェ先生】本当の友達を作るための、たった1つの方法!

ニーチェ先生画像

出典:ニーチェ先生 画像

ニーチェ先生は、本当の友達を作るには、

  • 友人を求める前に自分自身を愛せ!

と言われています。

なぜなら、

  • 自分自身を愛することがうまくいっていないと「孤独」に負けてしまう
  • そして、「孤独」に負けてしまうと、自分自身を愛することを、誰か他の人に求めるようになってしまう

からです。

例えば、「できるだけ多くの友人が欲しい!」「いつも誰か仲間と一緒にいないと落ち着かない!」などの気持ちがでてきたら、自分が孤独に負けて危険な状態になっているという証拠なのです。

しかし、誰か他の人を頼って漠然とした安心を求めても、孤独の傷は癒されず、自分を愛するようにはなれないのです。

なぜならそれらの行動は、「自分自身を愛することがうまくいっていない」ことへのごまかしにすぎないからです。

では、自分自信を愛するためにはどうしたらいいのでしょうか?

ニーチェ先生はまず

  • 自分の力だけを使って何かに取り組みなさい!
  • そして、自分の足で高みを目指して歩きなさい!

と言われています。

自分の足で、たった一人で高みを目指して歩きだせば、必ず「苦痛」をともないます。

しかし、ニーチェ先生はそれこそが

  • 心の筋肉を鍛える苦痛で、自分自身を愛するために必要な苦痛

だと言われています。

今日からニーチェ先生の言われるように、自分の力で何かに取り組み、心の筋肉を毎日鍛えてみましょう!

そして、自分自身を毎日愛してみましょう!

自分自身を心から愛することがでるようになった時に、きっと、他の人も心から愛することできるようになっているでしょう。

そして、その時にはきっと、本当の友達があなたにもできているでしょう!

【ブチネコ太郎】愛情のある生き方の中にある「個人で生きる」と「集団で生きる」《本当の友達を作ろう!》

ニーチェ友達ブチネコ太郎

ニーチェ先生の、「友人を求める前に自分自身を愛する」という考え方を聞いて、ブチネコ太郎は、本当の友達ができないと悩んでいる人にとって何より大切な考え方だと感じました。

そこで、ニーチェ先生の考え方を基に、「個人(自分)」と「集団(友達)」の関係を、陰陽太極図を使って深掘りしてみました!

愛情のある生き方の陰陽太極図

陰陽太極図(ニーチェ友達)

陰=個人で生きる、陽=集団で生きる

まず、「愛情のある生き方」を、「陰=個人で生きる」「陽=集団で生きる」にわけてみます。

愛情のある生き方の中で、「陰」の「個人で生きる」は、まず「自分1人で生きる」ことです。

そして、「自分1人」でいても「孤独」に負けずに生きることです。

周りに、友達も、家族も、恋人も誰一人いなくても、自分は価値のない人間だなんて思わないことなのです。

そしてそのためには、

  • 自分1人でいても、自分自信を愛せること

が大切になってくるのです。

陰陽太極図(ニーチェ陰個人)

では反対に、
愛のある生きた方の中で、「陽」の「集団で生きる」は、「友達や家族や恋人と生きる」ことです。

 「集団」でいると、簡単に「孤独」をまぎわらすことはできます。

しかし、集団に頼って漠然とした安心を求めても、孤独は心の奥底からじわりじわりと湧き出てきてしまうのです。

なぜなら、

  • 「個人で生きる」ことができないと、本当の意味で「集団で生きる」ことはできない

からです。

陰陽太極図(ニーチェ陽集団)

「陰=個人で生きる」と「陽=集団で生きる」のバランス

ここで「個人で生きること」が正しくて、「集団で生きる」ことが間違っていると言いたいのではありません。

陰「個人で生きる」と、陽「集団で生きる」には、どちらがいいなどの優劣はありません。

ここで一番伝えたいことは、

  • 「個人で生きる」と「集団で生きる」のバランスが大切
  • そして、「個人で生きる」と「集団で生きる」の順番を間違うと、「愛情のある生き方」は成り立たなくなってしまう

ということなのです。

そもそも、

  • 愛情のある生き方の原点は「自分1人で生きる」こと
  • つまり、自分1人でいても、自分自信を愛せること

なのです。

そして、「自分1人で生きる」ができるから、「2人で生きる」ができるようになるのです。

「2人で生きる」ができるから、3人、4人、5人と「集団で生きる」ができるようになるのです。

そのため、

  • 「1人で生きる」ができるもの同士が一緒に生きると、「愛情のあるつながり」が生まれ、そこに「愛情のある集団」ができる

のです。

陰陽太極図(ニーチェ友達2つのバランス)

しかし、

  • 「1人で生きる」ができないもの同士が一緒に生きると、お互いに自分の「孤独」を埋めようとして、そこに「依存しあう集団」ができてしまう

のです。

陰陽太極図(ニーチェ友達2つのバランス2)

そして、「依存しあう集団」の中には「愛情のあるつながり」は生まれてこないので、やがてその「集団」は崩壊してしまうのです。

陰中陽=自分の力だけを使って何かに取り組む、陽中陰=集団の力を使って何かに取り組む

そして、「陰」の「個人で生きる」時に役に立つのが、陽中陰=自分の力だけを使って何かに取り組むことです。

そして、それを毎日続けて「自分の足で高みを目指して歩む」ことです。

例えば、
「毎日英語を勉強して、いつか海外で働きたい!」
「毎日ラーメンを研究して、いつか究極のラーメンを作りたい!」
「毎日ブログを書いて、日本中を元気に幸せにしたい!」
など、どんなことでもいいのです。

どんなことでも自分の心が波打つことを毎日コツコツ続けていくのです。

そうすると、少しずつ少しずつ「孤独」に負けずに、自分自身を愛することできるようになってくるのです。

そして、

  • 「個人で生きる」を続けて、自分自身を愛せるようになってくると、他の人も愛せるようになってくるのです。

すると、陰の「個人で生きる」は、やがて陽の「集団で生きる」変わっていくのです。

陰陽太極図(陰中陽陰中陽個人)

では反対に、

「陽」の「集団で生きる」時に役に立つのが、陽中陰=集団の力を使って何かに取り組むことです。

そして、それは「集団で目標を共有して高みを目指して歩む」ことです。

例えば、
「それぞれが役割をもって、新しいプロジェクトを立上げる!」
「それぞれの選手の技能を生かして、甲子園を目指す!」
「家族全員で家事の分担をして、家をいつも清潔にする!」
など、どんなことでもいいのです。

そして、

  • もしそれらを行うのが、「1人で生きる」ことができるもの同士であれば、「集団の目標」は「愛情のあるつながり」を増やす

のです。

陰陽太極図(ニーチェ陽中陰集団)

しかし、

  • もしそれらを行うのが、「1人で生きる」ができないもの同士であれば、「集団の目標」はお互いの「依存関係」を加速させる

のです。

そして、「依存関係」を続けても、「愛情のあるつながり」は生まれず、やがてその「集団」は崩壊してしまいます。

すると、陽の「集団で生きる」は、やがて陰の「個人で生きる」に変わっていいってしまうのです。

陰陽太極図(ニーチェ陽中陰集団)2

「本当の友達を作る」 まとめ〈アクションプラン〉

ブチネコ太郎(ニーチェ アクションプラン)

「友人を求める前に自分自身を愛する。」

 ニーチェ先生が言われてることを今日から実行してみましょう!

その理由は、

  • 自分自身を愛することがうまくいっていないと「孤独」に負けてしまう
  • そして、「孤独」に負けてしまうと、自分自身を愛することを、誰か他の人に求めるようになってしまう
  • しかし、自分1人で自分自身を愛せないと、他の人を愛することはできない。
  • そのため、いつまでたっても本当の友達はできない。

からです。

ぜひ、自分で自分を幸せにするために「友人を求める前に自分自身を愛する」を始めてみましょう!

「本当の友達を作る」おまけ

多くの人が、「本当の友達ができない」と悩んでいます。

その理由は、友達と仲良くできる人が愛情のある生き方をしている人だと、教育されすぎなことが一因であると思います。

「友達と仲良くできる」ことはとても大切です。

しかし、それ以上に「自分と仲良くできる」ことはもっと大切だとブチネコ太郎は思うのです。

「友達遊び」も楽しいけど、「1人遊び」も楽しいよ!

 

⇒ニーチェ先生 著書「超訳 ニーチェの言葉(白取春彦編訳)」