【マナブ先生】収入アップの読書術!今日から始めるたった1つのこと!

マナブ先生(読書術)アイキャッチ画像
  • 収入アップのためにたくさんの本を読んでも、全然収入が上がらない・・・
  • 読書量と収入は比例すると言うけど、どのくらいの数を読んだらいいのかわからない・・・
  • 本を読んでその時は感動しても、頭にまったく残らない・・・

こんな悩みをもってる人は多いのではないでしょうか。

こういった悩みを解決することを、「マナブ先生」がユーチューブ動画「年収1億、僕の読書術」で教えてくださっていますのでご紹介します。

マナブ先生は、ユーチューブ動画「年収1億、僕の読書術」の中で、収入が上がる読書の仕方を3つのポイントに絞って話されています。

その中でマナブ先生は、「今日から本の読み方をたった1つ変えるだけでも収入はアップする」と言われています。

そのたった1つの方法とは、

  • 本を読みながら、20ページごとにアウトプットする。

ということです。

マナブ先生自身もこのことをものすごく大切にされ、数々の実績を残されています。

  • 新卒でセブ島に就職→11ヶ月で退職→フリーランス→起業→起業失敗→ブログを書きまくる→ブログ収益7桁達成→ブログ収益8桁達成。
  • Twitter(@manabubannai):フォロワー約15万人。
  • YouTube(マナブ):チャンネル登録約16万人。
  • マナブログ:月間150〜200万PV。収益は月約800万。

では、マナブ先生の教えを具体的に見ていきましょう。

そして後半は、ブチネコ太郎が陰陽太極図(詳しくは「陰陽太極図とは?」参照)を見ながら、どのようにマナブ先生の考えを取り入れていったのかをお伝えしたいと思います。

ブチネコ太郎

それでは、今日も少しでも幸せになるために、元気にいきましょう!

【マナブ先生】収入アップの読書術!今日から始めるたった1つのこと!

マナブ先生(読書術)画像2

出典:マナブ先生ブログ 「manablog」 

マナブ先生は、読書をすることで収入を上げたければ、

  • 本を読みながら、20ページごとにアウトプットしよう。

 と言われています。

なぜなら、インプットの数ではなく、アウトプットの数を増やさないと収入は上がっていかないからです。
(本を読んでも行動しないと収入が上がっていかないからです。)

そのため、マナブ先生は、今日から読書に対する考え方を、

  • 「この本を読んで、どのような知識を得ようか」ではなく、
  • 「この本を読んで、どのように伝えようか(行動しようか)」に変えてください

と言われています。

つまり、「アウトプット前提で本を読んでください」ということです。

実際、マナブ先生は、本を20ページ読むごとに「1ツイート」をされているので、本を読むごとにツイート量が増えていくと言われています。

そして、本を読んでいる時は、「この本をどうやって伝えたらTwitterでバズるだろうか?」や「どうやって伝えたらみんなにわかりやすだろうか?」など、ひたすらリアルタイムにアウトプットをしていると言われています。

その結果、マナブ先生は、2019年は約300冊の本を読まれ、年収は約1億円となったそうです!(すごい!)

また、この「読書術」を使うと本を読むごとに収入がアップすることを証明するために、マナブ先生自身の「過去の読書数と収入推移」も教えてくださっています。

読書数と収入推移-1

この表のように「本を読みながら20ページごとにアウトプットする」は、続ければ続けるほど、収入アップに繋がっていく可能性を秘めているのです!

【ブチネコ太郎】収入アップの読書術とは「インプット(読書)」を「アウトプット(行動)」にスムーズにつなげること

「インプット読書」と「アウトプット行動」

なぜ収入アップが立証されている読書術なのに、実践できている人はこんなにも少ないのか?

マナブ先生の、「本を読みながら、20ページごとにアウトプットしよう」と言う考え方を聞いて、ブチネコ太郎は収入を上げたい人が絶対にやったほうがいい読書術だと思いました。

しかし、ここで1つの疑問にぶつかりました。

これだけ収入アップが立証されている読書術なのに、なぜ実践できている人はこんなにも少ないのだろうか?と。

もちろん、収入アップのために本を読む努力もしないような人はもともと論外です。

しかし、収入をアップしたいとかなりの本を読んでいる人でさえ、「本を読みながら、20ページごとにアウトプットできる」という人は少ないように思ったのです。

ブチネコ太郎はいつも通り、「陰陽太極図」を使ってこの疑問について考えてみました。

そして、ある結論に至りました。

それは、

  • 読書をして収入を上げることには、「インプット」と「アウトプット」の2つの要素がある。
  • そして、インプット(読書)をアウトプット(行動)にスムーズに繋げるには、「今回の読書をいつ、何に使うのか事前に決めておくこと」が必要である。
    (例えば、今日のブログネタに使おう、明日の営業に使おう、1週間後のセミナーに使おう等。)
  • しかし、多くの人は、「今回の読書をいつ、何に使うのか」が不明確なまま本を読み始めるので、インプット(読書)がアウトプット(行動)にスムーズに繋がりにくい。

ということです。

では、陰陽太極図を使って具体的に見ていきましょう。

収入アップの読書術の陰陽太極図

陰陽太極図(マナブ基本)3

「収入アップの読書術」は、「陰=インプット(読書)」と「陽=アウトプット(行動)」の2つの要素で成り立っています。

そして、マナブ先生は「この本を読んでどのように伝えようか(行動しようか)」と、アウトプット前提で本を読むことが大切だと言われていました。

つまり、収入アップの読書術とは、「陰=インプット(読書)」を「陽=アウトプット(行動)」にスムーズにつなげる読書術なのです。

陰陽太極図(インプットとアウトプットにつなげる)

そして、「陰=インプット(読書)」を「陽=アウトプット(行動)」にスムーズにつなげるのに役に立つのが、「陰中陽」です。

ここでの「陰中陽」とは何かというと、

  • 今回の読書を、いつ、何に使うのかを事前に決めておくこと
    (例えば、今日のブログネタに使おう、明日の営業に使おう、1週間後のセミナーに使おう等。)

です。

陰陽太極図(陰中陽インプットの中のアウトプット)2

実際、マナブ先生も「毎日ツイートをする」というように、読書を、いつ、何に使うかを事前にはっきりと決めておられました。

そのため、読書をしながら「ツイッターでどうやって伝えようか」という思考が出来て、インプット(読書)をアウトプット(行動)にスムーズにつなげておられるのです。

しかし、多くの人は、「今回の読書をいつ、何に使うか」が不明確なまま、なんとなくアウトプットしようで本を読み始めてしまいます。

そのため、ほとんどの場合、インプット(読書)がアウトプット(行動)にスムーズにつながっていかないのです。

だから・・・

読書をしながら、アウトプットのネタが出てこない人は、

  • 陰中陽=今回の読書を、いつ、何に使うのかを事前に決めておく

を行ってから読書を始めてみてください。

「陰中陽」が、「読書の出口」であり「行動の入口」にもなってくれるので、インプット(読書)とアウトプット(行動)を、きっとスムーズにつないでくれますよ!

陰陽太極図おまけ「陽中陰」

では、ここでちょっと「おまけ」の話。

インプットとアウトプットをスムーズにつなぐために「陰中陽」があったように、反対に、アウトプットとインプットをスムーズにつなぐために「陽中陰」というものもあります。

ここでの「陽中陰」は何かというと、

  • 今回の行動の改善点を見つけると事前に決めておくこと

です。

陰陽太極図(陽中陰アウトプットの中のインプット)2-1

このことがあると、行動しながら改善点が見つかるので、次にどのような本を読もうかという思考にもなり、アウトプット(行動)がインプット(読書)にスムーズにつながっていくのです。

「陽中陰」が、「行動の出口」であり「読書の入口」にもなってくれるので、アウトプット(行動)とインプット(読書)をスムーズにつないでくれるんですね!

以上おまけでした。

「収入アップの読書術」まとめ〈アクションプラン〉

ブチネコ太郎アクション(収入アップの読書術)

「本を読みながら、20ページごとにアウトプットする。」

 マナブ先生が言われてることを今日から実行してみましょう!

では、そのためにも、収入アップの読書術のポイントをまとめておきます。

  • インプットの数だけはなく、アウトプットの数も増やさないと収入は上がっていかない。
  • そのため、読書に対する考え方を、「この本を読んで、どのような知識を得ようか!」ではなく「この本を読んで、どのように伝えようか(行動しようか)」に今日から変える。
  • そして、インプット(読書)とアウトプット(行動)をスムーズにつなげるために、今回の読書を、いつ、何に使うのかを事前に決めておく。

ぜひ、自分で自分を幸せにするために「本を読みながら、20ページごとにアウトプットする」にチャレンジじてみてください!

「収入アップの読書術」おまけ

ブチネコ太郎は、昔は本を読みながら、気になった箇所に線を弾いたり、いい言葉を手帳に書き写したりしていました。

しかし、マナブ先生の教えを活用して、今は本を読みながら気になった箇所に線を引くのではなく、気になった箇所の横に「アクションプラン」を直接書き込むようにしています。

その時のポイントは、本を読んでいいなと思ったことを「今日からできる具体的なアクションプラン」に落とし込むことです。

なぜなら、ブチネコ太郎は怠け者のため、今日からできる「具体的で」「簡単な」アクションプランに落とし込まないと、「いつかやろう」という大きなアクションプランでは一生やらないからです!

では、今日もブログ記事を書くの頑張ったので、大好物の「ガリガリ君梨」を食べまーす!

 

⇒ マナブ先生ユーチューブ動画「年収1億、僕の読書術」

⇒ ガリガリ君梨(棒)赤城乳業株式会社